沖縄本島で自然と海を体感

旅行前半は宮古島で過ごし、3日目夜に沖縄本島に移動しモノレール駅からすぐの「メルキュールホテル」へチェックイン。ここは比較的リーズナブルながらも、調度品やアメニティーもオシャレで、朝食も天井の高い開放的な空間で頂けました。

sdredf

そして早速、国際通りへ。夕食は色々お店があり過ぎて事前調査でも決めきれずかなり迷いましたが、通りから少し入った「土香る」にて。

cofedf

落ち着いた雰囲気で、珍しいヤギ刺しやグルクン唐揚げなどもあり、器やグラスもどれもとても素敵なものを利用されていて、美味しく頂けました。

翌日、ホテルのロビーに併設されているレンタカーカウンターで車を。借りる人が多く、時間に余裕をみておいてよかったです。そしてまずは南下し、洞窟内に設けられた「ケイブカフェ」へ。ここは、「ガンガラーの谷」に行く為に申込み必須のツアー集合場所でも。

sdrsdr

カフェでランチのつもりがドリンクとアイスしかなかったのでそれらを頂きつつ、その後、鍾乳洞が崩れて出来た独特な地形や木の根が垂れさがるガジュマルの大木などを案内してもらいました。

そして、すぐお隣に「玉泉洞」という鍾乳洞があり、せっかくなのでそちらへも。ここは「おきなわワールド」内にあり、沖縄の古い街並みを再現したショップなどが並ぶ「王国村」とセット。

mdecof

ワールド入口で写真撮影があるなどして思いの他入るのに時間がかかってしまいましたが、ざっと見て、さらに「平和祈念公園」へ。祈念公園では5月らしく、鯉のぼりが多くたなびいていて、独特の木々があったりも。その後、「ひめゆりの塔」経由で、高速道路を北上し、本島中部のホテル近くにある世界遺産の遺跡群の1つでもある「座喜味城跡」へ。

cofcof

城跡は石垣が残るのみでしたが、石垣の上からは海も見渡せました。そして、「ベストウエスタン沖縄恩納ビーチ」へチェックイン。こちらもオーシャンビューではありますが、海の透明度は宮古島に比べてしまうとやはり少々残念。もちろん天気の影響もあると思いますが。

cofedf

でも、海を眺めながら夕食が頂けて良かったです。ぎりぎり夕日も見えました。
翌朝は、「青の洞窟」で早朝のダイビングツアーを予約していたので、朝食開始時間前に朝食ボックスを用意して頂いてお部屋で頂き、車で5分ほどのダイビングショップ残波(タイド)へ。ショップは数多くあり迷いましたが、こちらは用品の除菌などにも気を使い早朝からもあったので。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイビングスポットまでの船では雨も降ってしまってましたが、海の中は問題なし。青の洞窟周辺は人気で日中は混雑してしまってるようですが、朝一は海もきれいで魚もたくさんいました!
青の洞窟は予想以上に暗い中を潜っていき..しばらく写真撮影の為に暗い中に待機になっていたのですが、振り返ると確かに水面が青く光っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は水中デジカメ無料レンタルと言う事で楽しみにしていたのですが、インストラクターさんが私達の写真ばかり撮ってくれていて…感動的様子はあまり写真に残せてませんが、途中、強引にジェスチャーでカメラ使わせてもらっちゃいました^^;)