レマン湖畔シヨン城(Château de Chillon)

6日目、大きな荷物は朝ツェルマットの駅で預けて夜にローザンヌで受け取る事として、この日はその間のレマン湖沿いのスポットを。
で、まずはモントルー(Montreux)で列車を降り、バスでシヨン城へ。

レマン湖畔のシヨン城

ここは湖にせり出すように建てられていて、まるで湖に浮かぶよう。この日はこの旅行期間唯一晴れ間の多い日で、より美しく感じられました。
ここはスイスパスでフリーで入れ、受付で詳しい日本語の案内を頂けます。

シヨン城の中庭シヨン城_石の間

予想以上に多い40以上ものスポットを番号確認しつつ案内に従って、まるでオリエンテーションのように巡ります。
実は城と言いながらも、当初は関所として9世紀に建てられ、牢獄としても使われたところで、石造りエリアは少しものものしい感じ。

シヨン城_暖炉の間シヨン城の塔の上から

その後、13~15世紀頃の暖炉や内装が残る部屋などを通り、各室の窓や塔の上からレマン湖を眺望することもできました。

ちなみに入口の右側に降りると湖畔で水遊びができる場所などがありましたが、やはり写真写り的には入口左側からの方がよい感じ。

レマン湖畔のシヨン城モントルー_シヨン城へのバス停

ところで、モントルー(Montreux)からのバス停は、駅から湖方面に通りまで下り、ガイドでは左の湖畔でとありましたが、少し右に戻った方のEscaliers de la Gareの方が近かったです。

いいね! 1件